男性心理 職場で好意を持っている人がする行動とは?



職場は出会いを求める女性にとって一つの婚活会場です。相手からのアプローチで将来の相手が決まる可能性があるので、男女ともにドキドキする場面でもありますね。

では、職場で気になる女性がいる男性はどのような特徴があるのでしょうか。
わかりやすい人、あまりわからない人、それぞれの性格はもちろんあるのですが、何か特徴がわかれば自分に好意を持っているか分かるかもしれませんね。

もじゃ子
あの人、やけに声かけてくるんだよね。
ぼーちゃん
…あの人、もじゃ子のこと、好きって噂だよ
もじゃ子
…うそでしょ?

毎日、挨拶を欠かさない

おとなしい性格の人でも実践しやすい方法です。
職場で挨拶をするのは普通のことですよね。
アルバイトでも、正社員でも、その日に会えば交わさない方が怒られることでもあります。

ちょっとした挨拶、声かけをすることによって、そこから会話をするきっかけが生まれます。
出勤した段階、退勤する段階、休憩室で出会ったときなど。
「お疲れ様です」「休憩、ご一緒してもいいですか」…他にもお店によって声かけがあるかと思います。
やけに細かく頻繁に声をかけるなーと思ったら、あなたに好意がある可能性は高いかもしれません。

それだけでなく、たとえばデスクワークの職場の場合…あなたに声をよくかけてくる男性は、あなたが自分の席に座っているとあまり顔も見えないような遠い距離。
荷物を持ったままみんなが通るならともかく、誰も通らないような端っこの席で仕事をしているのにわざわざ挨拶に来る場合はなおさらかもしれませんね。
顔が見えないほど広いオフィスの場合、入ったときにちょっと大きめの声で伝える程度でみんな済ましますしね。

共通の仕事をしたがる

接点を減らしたくないからといった思いを持って、共通の仕事をしたがる男性は確実にあなたに好意を持っている証拠だと思います。

企画会議などであなたの仕事のパートナーを決める際、やけに立候補する場合はからかわれても言い逃れはできないかと思います。
「頼りになる」や「しっかりしているから」と褒めることは良くあるかもしれませんが、何も恋愛感情がなかったら「勉強のために他の人とやってみなさい」と他のパートナーを勧めるかと思います。
しかし、毎回立候補をしてくる場合は確実にあなたとの接点を狙っていると考えても過言ではないかもしれません…。

頻繁に仕事の話をしてくる

何か共通の企画など、会社で一緒にこなさなければならない課題を抱えている場合があるかと思います。
その場合は、会議をする時間を取るなり、適宜に相談をする時間も必要です。
しかし、必要以上に話題を振ってくる場合は接点を持ちたいだけだと思われます。

普通は仕事の邪魔にならないように適宜に様子を見て話をするのですが、ときどき、いわゆる空気を読むことが苦手な人は場所を構わずに話しかけてくるかもしれません。
そういった場合は、あまり話をできない理由をきちんと説明をするなり、時間を決めてあげるなりの対応をしてあげる方がいいかもしれませんね。

飲食物をおごってくれる

他にはあまりないかもしれないので、今回は飲食物に限定しました。
職場の中で気になる女性がいるからといって、積極的に外で会うことに誘える人も少ないかもしれませんね。

自販機などで飲みものを買いに行ったとき、またはお昼のあとに立ち寄ったコンビニなど、そこまで高額商品でなくても、男性側がさっとお金を支払ってくれる場合ってありますよね。
男性はプライドが高いので、かっこよく見られたい一心で接しようとします。
男性側としては、小さいものをおごることで女性側との接点を作る=ツメ跡(というと変に聞こえるかもしれませんが^^;)を遺そうとしていると思います。

お昼に一緒に出かけて、食事をさっと支払っておいてくれる姿は、普段会話をすることがない立場の男性だとしても、女性としてはどきっとすることかもしれませんね!
おごってもらった側としても、何もなく支払ってもらいっぱなしでいるわけにもいかないので、旅行のお土産などを別個で買ってくることもあると思います。

男性側としても、気になっている女性と2人っきりになったときに使える最終手段かもしれませんね。

two-hearts-2-1198262

まとめ

今回は、職場で一緒の男性が好意を持つ女性に対してよく見せると思われる行動をまとめてみました。
上記でまとめた4つの行動は、私が思いつく範囲なのであくまで参考程度としていただければと思います。
もちろん、他にも良く見せると思われる行動はたくさんあると思われます。

よーく見ていると、毎日共通する行動が行われているかもしれませんね。
女性の中でも人気の高い男性であればすぐに彼女ができてしまうかもしれません。
おとなしい男性だけど気になっている場合は、彼からの行動を待つよりも女性側から少し声をかけてあげてもいいかもしれませんね。

あなたにオススメのコンテンツ